麻酔科医転職エージェントランキング

麻酔科の医師転職をお考えなら

麻酔科の医師も不足している状況にあり売り手市場と言われています。理由はさまざま考えられますが、「激務なのに見合った報酬が得られない」という点が問題視されています。

ただ、リクルートドクターズキャリアなどに集まる非公開求人の中には、働きやすい労働環境の麻酔科求人も多数ありますので、理想の転職を実現することも難しくありません。専任のコンサルタントが悩みの相談にも対応してくれますので、まず登録してみるのもおすすめですよ。

麻酔科の医師求人にも強い!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 麻酔科医の求人数 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
完全無料 全国ok ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 転職可能エリア
  • 全国ok
  • 麻酔科医の求人数
  • ★★★★★
リクルートドクターズキャリアでは、現役の麻酔科医でも転職活動ができるようにサポートしてもらえます。お勧めのポイントは、自分の条件さえ提示すれば、それに合った求人情報を提示してもらえることです。一口に麻酔科医の求人情報といっても、様々なものがあります。それを1つずつチェックするとなると、かなりの時間が割かれます。そこでリクルートドクターズキャリアでは、麻酔科医に代わって求人情報の絞り込みをしてくれます。また、条件の交渉もしてもらえるのも良いところです。自分で給与などの条件の交渉をするのは、非常に難しいところでしょう。しかしリクルートドクターズキャリアに任せれば、自分に負担がかかることなく、条件の交渉ができます。



医師転職ドットコム 完全無料 全国ok ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 転職可能エリア
  • 全国ok
  • 麻酔科医の求人数
  • ★★★★★
麻酔科医が転職をしようと思ったとき、利用できる転職エージェントとして医師転職ドットコムがあります。医師転職ドットコムのお勧めのポイントは、独占・非公開求人が1万件以上あることです。これは、医師の転職エージェントの中でも最大規模を誇っています。求人情報が多いということは、自分の理想としている職場の求人に巡り合える可能性が高いことも意味しています。ここでしか閲覧できない求人もたくさんあるので、麻酔科医が現役で転職をするのにおすすめです。さらに、専用のコンサルタントがサポートしてくれるのも、医師転職ドットコムの魅力です。現在の転職活動だけではなく、将来の展望を描いたうえでの転職のアドバイスをしてもらえます。



エムスリーキャリア 完全無料 全国ok ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 完全無料
  • 転職可能エリア
  • 全国ok
  • 麻酔科医の求人数
  • ★★★★
エムスリーキャリアのお勧めポイントは、所属するコンサルタントの能力が高いことです。医師転職エージェントの多くは、専用のコンサルタントがつくことが多いです。そのため、転職が上手くいくかどうかは、そのコンサルタントの腕にも掛かっています。エムスリーキャリアは、所属するコンサルタントの教育をみっちりとしている医師転職エージェントで知られており、業界ではトップクラスです。所属するコンサルタントは、医療業界のイロハを教え込まれているだけではなく、医療経営士の資格取得も求められます。さらに、コンサルタントの教育は、若手に限るのではなく、ベテランのメンバーに対しても行われ、継続的な教育プログラムが充実しています。そのため、自分の希望条件に寄り添った求人を提供してもらえる可能性が高いです。



麻酔科医の転職市場の現状は?

人々の健康を守るために活躍している医療従事者たちの間では、近年転職がブームの一つとなっていると言われています。一昔前までは、医療系の仕事に一度就いたら、そこに長く務めるというケースが多く見られていました。

しかし、一つのところに長く務めるというのでは経験を積める範囲にも限度があり、キャリアアップを望んでいる人には適していません。また、医療系の仕事では現場における人間関係に苦悩することもあり、そうした環境で働き続けるのは大きなストレスにつながることもあります。

そのため、働きやすい環境を求めて、或いはスキルアップなどを求めて転職する人が増えてきているというわけです。

一概に医療系のお仕事と言ってもその種類には色々なものが存在します。中でも最近になって、特に転職先として人気となっているのが、麻酔科医です。

麻酔科医は、その名前を持つだけあって医療系の職務の中でも特に専門性が高い職であると言えるでしょう。具体的には麻酔に関する専門的知識と技術はもちろん、ある程度の経験も必要不可欠となります。このため、転職先の中でも医療関係においてある程度の技術を有していなければ転職が難しいとされています。

ただし、医療系の仕事を専門としている人の中には、向上心が大きく自分のキャリアアップをしていきたいと考えている人が少なくありません。そのため、ベテランの医師になってくると麻酔科医への転職を積極的に行う人が多いといいます。

こうした背景から、一見なるのが大変そうなイメージが強い麻酔科医ですが、実は近年人材不足が問題となっています。 そのため、意外にも様々な場面で求められている立場でもあるのです。 また、麻酔科医として活躍するために必要な知識や技術、経験がある程度揃ってさえいれば、何ら難しいというわけでもありません。

ちなみに、求人情報についてはやはり専門職であるため、一般的な求人サイトや情報誌などでは見つけにくいとされています。特に、常駐医師ではなく非常勤などを狙うのであれば、なかなか案件を見つけるのも大変となってしまうかもしれません。

しかし、近年では「リクルートドクターズキャリア」のような医師の転職や就職を専門とした医療系の求人ばかりを取り扱ったサイトが存在しています。このような場所であれば、様々なタイプの麻酔科医の求人情報に巡り会えるチャンスも大きいでしょう。 もちろんたくさんあるわけではありませんが、なかなかレアな非常勤の求人などにも出会えるチャンスも待ち受けているはずです。

また、こうした専門的な転職エージェントでは、キャリアコンサルタントに相談をしたりすることも可能です。彼らに相談することで、麻酔科医に転職する場合のコツやポイントなどを把握できるため、より転職活動を有利に運んでいけるでしょう。 もちろん、面接や履歴書などの対策もバッチリ担当してくれるので、大変心強い存在となるはずです。

麻酔科医は転職が多い?

麻酔科医の転職は少なくありません。その理由として、2つのことがあります。1つ目は、キャリアアップをはかる方が多いからです。麻酔科医としてキャリア形成していくにあたって、様々な資格が存在します。厚生労働省が認定している麻酔科標榜医の資格を取得する方も多いです。麻酔科標榜医の資格を持っていると、麻酔科を持っていない病院から転職の声がかかることもあります。

また、専攻医として研修を重ねると、麻酔科認定医や日本麻酔科学会専門医の資格も取得できます。これらの資格を取得すると、麻酔科医としてのキャリアを持っている証明となり、高度な医療機関でも採用されやすくなります。さらに、将来的に麻酔科指導医の資格を取得するために、日本ペインクリニック学会認定ペインクリニック専門医の資格や、日本集中治療医学会専門医の資格を取得する方もいます。これらの資格を取得するために、さらに研修制度などが整った病院へ転院するために転職する方もいるのです。

2つ目は、女性が多いからです。麻酔科医の男女の割合は、女性医師の方が多いと言われています。女性医師が多いと、ライフスタイルの変化によって転職をする方も少なくありません。例えば、結婚して引っ越しが必要になったために転職をする方もいますし、妊娠・出産によって、今までの勤務時間では難しいことから、転職をする方もいます。もちろん、妊娠・出産によって望まない転職をしなくて良いように、また病院側も優秀な麻酔科医を手離さないために、妊娠・出産後の職場復帰のための制度の充実をはかっているところも多くあります。そのため、麻酔科医は医師の中でも働き方を選びやすい診療科であるとも言われています。

麻酔科医は麻酔科医から他の診療科に転科するのは少ないですが、他の診療科から麻酔科に転科する医師は多い傾向が見られます。それは、実績を積んだ麻酔科医は引く手あまたであるからです。どこの都道府県も麻酔科医が不足していて、良い麻酔科医がいれば、すぐにでも働きにきてほしい状況です。そして、他の診療科の医師は、身近な存在として麻酔科医の仕事を見ています。そのため、「麻酔科医の方が向いているのでは?」と考えて転科する医師も少なくありません。

ただし、麻酔科医に転科するためには、麻酔科指導医のもとで研修を積む必要があります。そのため、麻酔科指導医のいない病院に勤めている場合には、他の病院への転職が必要となります。

麻酔科医の転職方法は?

麻酔科医は年収が高いことや、ライフスタイルに合わせて仕事ができるという点から、医療系の仕事の中でも近年注目されている仕事の一つと言えます。そのため、医師から転職する先として、麻酔科医を目指している人は少なくないのです。 このように、近年人気のある麻酔科医ですが、果たして転職する場合にはどうしていけば良いのでしょうか。ここでは、具体的な転職方法についてを説明していきたいと思います。

転職するにあたってまず最初に行わなければならないのは、転職先とする求人情報をさがすことでしょう。しかし、なかなか麻酔科医のような専門職というのは、一般的な求人誌などで見つけることはできません。 その理由は、医療関係の求人情報は、非公開求人に分類されるものが多いためです。非公開求人というのは、その名の通り一般での公開はされていない求人情報のことです。では、果たしてこうした非公開求人はどこで公開されているのでしょうか。答えは、リクルートドクターズキャリアのような医療系の職業を専門に取り扱っている転職エージェントです。 このようなサイトであれば、ハローワークすら取り扱っていないと言われる非公開求人も、たくさん取り扱っています。

それでは、なぜ非公開求人が存在しているのでしょうか。その理由は、麻酔科医をはじめとした医療関係の求人の中には、条件が良いものが多いからです。条件がよく、給料も高いものが多いため、一般公開をしてしまうと応募が殺到してしまいます。そうなると、採用を担当する人たちがとても大変なことになってしまいますね。 また、こうした求人で募集しているのは、あくまである程度経験を有した医師などである必要性があります。しかし、一般公開した場合、経験が全くない人なども給料面につられて応募してきてしまう可能性があります。そうした事態を減らして少しでも採用担当を混乱させないために、医師関連の仕事をしている人しか利用しない専門の転職エージェントのみに掲載しているというわけなのです。

このように、医師専用の転職エージェントであれば、麻酔科医の求人情報もたくさん見つけることができます。麻酔科医への転職を望むのであれば、まずはこうした転職エージェントに登録するということが第一歩となることでしょう。 転職エージェントに登録すると、担当のコンサルタントに気軽に転職活動での悩みなどを相談することもできるようになります。そうしたサービスを有効に活用していけば、転職活動もうまく進めていきやすくなるでしょう。

麻酔科医の募集時期は?

近年、麻酔に関しての専門知識や技術を駆使して活躍する立場の麻酔科医は、転職活動に励む医師たちの間でも人気のある職業の一つです。 しかし、やはり数ある転職先の中では狭き門とされる職でもあるようです。そのため、麻酔科医への転職を考えるのであれば、やはりできる限り求人募集が多くなるような時期を狙っていきたいと思うところでしょう。

そこで、麻酔科医の求人募集はどのような時期に多くなるものなのでしょうか。 どんな職場であれ、やはりニーズが高くなったり低くなったりする時期というのはつきものです。やはりニーズが高まっている時期の方が求人募集も多くなるので、そういう時を狙って転職をするようにしていけば、スムーズに進めていくことができるでしょう。

ちなみに、医療系の仕事全般において、転職時期として適しているのは3月か10月のどちらかであると言われています。 どうしてこの時期が転職に適しているのかというと、求人情報が色々なところで増えるためです。医療の世界では、異動の辞令などが正式に決まるのが3月と10月だとされています。また、加えてこの時期は医師が退職をしてしまいやすい時期であるとも言われているのです。 このため、医療機関ではこの時期が最も医師不足が起こっている可能性が高く、求人情報も出している可能性が高いのです。これから麻酔科医への転職を考えているという人も、この時期を狙って求人情報を探してみると良いでしょう。

一方、反対に転職活動を行うのに適さない時期はいつになるのでしょうか。 これは、医療機関の場合6月や12月であるとされています。まず、12月というのは年末に近づき、忙しさのピーク真っ盛りの頃です。医療現場も当然、バタバタすることが多くなります。このため、医療機関が更なる混乱を防ぐために、新しい人間を採用することを控えるのだと言われています。また、6月においては人事異動が盛んになる時期です。よって、転職活動自体を行う人が減るので、需要がないためだと思われます。

また、自分の中での転職をする時期を見極めることも、成功のためには大切であるといえます。例えば、退職をしてから転職活動を始めれば熱中することはできますが、反面でなかなか決まらなかった時にどんどん焦りが募る結果になってしまいます。これでは、転職活動が失敗してしまうことになりかねません。 退職は転職先が決まってからするように日頃から仕事と転職活動を両立させていくことも大切ですし、その時に働いている職場の人手のことも考えて、時期を決めるようにしていくようにしましょう。


Copyright (C) 2015-2018 麻酔科医転職エージェントランキング All Rights Reserved.